丸三証券で口座開設して日経新聞購読料(約54,000円)を0円に節約する方法

丸三証券_アイキャッチ

結婚を控えたお二人の生活費を少しでも節約できればと思い、私が丸三証券を利用して日経新聞購読料(年間約54,000円)を0円に節約した方法をご紹介します。

日経新聞購読料が0円になる理由

丸三証券では、証券口座を開設した人に対して、特典として日経テレコン丸三証券版のサービスを無料で提供しています。

株取引をする投資家向けのサービスとして日経テレコンの情報を提供しているので、仕事の情報収集で利用するには十分な情報量です。
この日経テレコン丸三証券版のサービスを利用して日経新聞が読めるので、新聞の年間購読料がまるまる節約できてとても良いです。

通常、日経テレコンは、月額8,000円~のサービス利用料がかかります。
日本経済新聞朝刊、日本経済新聞夕刊、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)、日経地方経済面、日経プラスワンと日経新聞社が発行している新聞が読めて、過去の記事検索等もでき非常に便利です。

株取引を毎月する必要などなく、ただ丸三証券で口座開設をすればよいだけなので非常にありがたい特典です。
(楽天証券も日経テレコンを利用できますが、年間の取引回数など無料利用の条件がいくつかあります)
是非、活用して新聞代を節約してみてください。

日経テレコン丸三証券版を読む手順と画面イメージ

口座開設後、アプリをインストールしてアプリを起動するとログイン画面が出てきます。
丸三証券_マルサントレード

ログイン後に左上にある「ホーム」ボタンをクリックします。
丸三証券_ログイン後画面

画面右上にある「テレコン」ボタンをクリックします。
丸三証券_ホーム画面

日経テレコン丸三証券版のサイトが表示されます。右上のメニューバーをクリックします。
丸三証券_日経テレコン

メニュ-7が表示されるので「きょうの新聞」をクリックします。
丸三証券_日経テレコン2

1面記事から各記事のタイトルが表示されます。
丸三証券_日経テレコン3

記事のタイトルをクリックすると記事詳細が表示されます。
丸三証券_日経テレコン4

記事最下部の新聞画像をクリックすると記事の新聞電子版の画面が表示され、画像やグラフが表示されることがあります。
丸三証券_日経テレコン5

丸三証券口座開設に必要な物

下記の4つがあれば口座開設の手続きが可能です。

  1. メールアドレス
  2. 銀行口座
  3. 本人確認書類(運転免許所、健康保険書等)
  4. マイナンバーカード

丸三証券のサイトから資料請求・口座開設をして是非一度お試しください。

初めは慣れないかもしれませんが、徐々に馴染んできて私は1年以上使っています。
費用がかからないので毎月の新聞代4300円が浮いて少し家計の負担が楽になりました。
また、新聞紙のゴミが出ないのでゴミ出しが楽になりました。

結婚前後の生活費削減の参考になれば嬉しいです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございます。
この記事がよかったら、是非「いいね!」か「シェア」をお願いします。