プロポーズの場所はどこがいい?

プロポーズ 場所

そろそろ彼女にプロポーズを!と考える結婚期の男性にとっては、プロポーズの場所、シチュエーション、プレゼントをどう準備するか、真剣に考えて悩んでしまいますよね。
自宅、車の中などの日常的な空間でプロポーズする派とレストランやホテルなどの非日常的な空間でサプライズプロポーズする派に分かれています。
ゼクシィのアンケートを元にご紹介しますので、プロポーズの参考になれば嬉しいです。

プロポーズした場所は?先輩カップルから学ぼう

プロポーズした場所(された場所)は、自宅や車の中等が日常的な空間が約50%、レストランや夜景・景色のいい場所等の非日常的な空間が約50%と半々。
彼女の性格や好みを踏まえて、まずは、自宅等でプロポーズするか、サプライズでレストラン等でプロポーズするかを考えてみてください。

プロポーズ 場所
データ出展元:ゼクシィ/「プロポーズに関するアンケート」(2013 年2月実施 回答者 20~39 歳男女 1244 人)

女性がプロポーズされたい場所は?

女性目線でも家派で等身大のプロポーズがいいという意見と、まさかのタイミングだからこそサプライズに感激できるサプライズ派に分かれています。

プロポーズされたい場所のランキング

1位:家でまったりしているときに
2位:きれいな夜景の見える場所で
3位:海外リゾートの夕暮れに染まるビーチで

日常派と非日常派

「肩肘張らずに、普通の生活をしている中でさらっと」(26歳・東京)と、背伸びしたものよりも等身大のプロポーズがいいという女性が多かった。
ただし、「くつろいでるときに、いきなり真剣な感じになるのがいい」(20歳・岩手)といったように、まさかのタイミングだからこそサプライズに感激できるという声もあるので、あいまいな言葉は使わずストレートなセリフで告白する、花を用意してみるなど、日常からの切り替えも大切かもしれない。
一方で、「少し高級なレストランを予約してくれて、食後に夜景を見に行って、そこでプロポーズされたい」(27歳・東京)など、きちんと特別感を演出してほしいという女性も多く、タイプによって好みがはっきり分かれる形となった。非日常派の傾向として、「人気が多いところでは人目が気になって恥ずかしい」(31歳・宮城)という“ふたりきりがいい”というタイプと、「生演奏のあるレストランで、他のお客さんのザワザワした注目を浴びながら」(32歳・愛知)という“人前がいい”というタイプがあり、こちらも彼女の性格を汲み取る必要がありそうだ。
ちなみに人を巻き込むタイプのサプライズで人気があったのは、「友達はみんな知っていて、自分だけ知らず、突然プロポーズされる」(24歳・兵庫)のような、親しい人たちを集めたほのぼのサプライズ。無理のない和やかな雰囲気が、喜ばれるポイントだろう。

データ出典元:ゼクシィ /「結婚に関するアンケート」2014年9月実施 回答者10~50代の女性 3393人

プロポーズする場所の例

自宅

プロポーズ 家
サプライズする場合の準備は入念にする必要があるのはもっともですが、自宅でプロポーズ場合でも、ストレートなセリフで告白する、花や手紙を用意してみる等、真剣さが伝わるように準備することが大切です。
私の後輩は、自宅でさりげなく「結婚しようか」と伝えたところ、「それでいいの?」とダメ出しをくらって、リベンジすると言っていました。
彼女の性格にもよりますが、真剣さ、彼女への気持ちを形としてどれだけ伝えられるかは大切です。

プロポーズをする際に、婚約指輪の準備が必要では?と考えている方。
今は、プロポーズしてから2人で婚約指輪と結婚指輪を見に行くのが主流になっています。

レストラン

プロポーズ
事前に2~3ヵ月前から、プロポーズで利用したいという事をお店に伝えたうえで予約して、個室や夜景の綺麗な席を優先的に準備していただけるようお願いしましょう。
花束や指輪などサプライズの贈り物がある場合、プレートと一緒に持ってきていていただく等プロポーズの流れを相談したうえでお店の人にお願いするのも手です。
他にも、クルージングで夜景スポットを遊覧しながらの食事もムードが出て特別感を演出出来ます。

夜景・景色がきれいな場所

プロポーズ レストラン
夜景のきれいなレストランや、ドライブで夜景・景色がきれいな場所に行くこともおすすめです。
東京都ですと、東京タワーが見える「世界貿易センタービル シーサイド・トップ」が人気です。

落ち着いた大人が寛げる雰囲気の展望室。東京タワーから汐留の超高層ビル群まで夜景が見渡せ、都内屈指の穴場夜景スポットです。
プロポーズ 夜景2
出典元:夜景100選

他にも新日本三大夜景から夜景のきれいなスポットをご紹介します。

皿倉山(さらくらやま)福岡県北九州市

皿倉山 夜景
山頂までケーブルもしくは自家用車で登ることができます。展望広場には「100億ドルの夜景」と謳われた看板があり、その名に恥じない視野率200度以上のパノラマ夜景を眺望できます。全新幹線が停車する小倉駅からも近く、北九州市と同じく政令指定都市である福岡市からも比較的近く多くの観光客を引き寄せることができ、名実ともに新日本三大夜景に相応しいスポットといえます。
出典元:夜景100選 新日本三大夜景

若草山(わかくさやま)奈良県奈良市

若草山 夜景
奈良は日本有数の観光都市でもあり、若草山周辺には奈良公園や東大寺をはじめとする観光名所や宿泊施設が点在します。
また「ライトアッププロムナード・なら」として、奈良県観光課にて数年前から夜の観光にも力を入れています。展望台までは若草山スカイラインとして整備された道路が続き、展望所からは平城京を中心に生駒山から京都市内まで幅広い地域を見渡すことができることが特徴です。
出典元:夜景100選 新日本三大夜景

笛吹川フルーツ公園(ふえふきがわふるーつこうえん)山梨県山梨市

笛吹川フルーツ公園 夜景
傾斜面に作られたフルーツ公園は、園内至るところを散策しても甲府盆地の夜景を見渡せます。またフルーツラインと呼ばれる約7kmの道路からは、車窓から流れるゆく夜景を楽しめる点が、これまでにない夜景スポットといえましょう。
さらに周辺には温泉やワイナリーなど観光名所が点在し、首都圏から約100kmと多くの観光客を引き寄せることができる立地条件も特徴です。
出典元:夜景100選 新日本三大夜景

夜景スポットに旅行しに行く計画を立ててもよいですし、他にも、各都道府県の夜景スポットが紹介されていますので、参考にしてみてください。
例えば、千葉県ですと木更津にある「きみさらずタワー」が夜景がきれいで人も少なくておすすめです。

ホテル・旅行先

プロポーズ ホテル
記念日やクリスマス等のイベントに合わせて旅行を計画するのもおすすめです。旅行中は二人きりの時間も多くなりますし、プロポーズという大切な瞬間を一緒ゆっくり過ごせるよい時間になると思います。

ヘリコプタークルージング

プロポーズ ヘリコプター
ヘリコプターで都会の夜景を見ながらプロポーズするのも演出の一つです。
私の友人にも、ヘリコプターの中で夜景を見ながら、花束を渡されてプロポーズされた夫婦がいます。
特別感を演出することで奥さんの思い出にも強烈な印象が残っているようで、久しぶりに結婚式で会って話をする時も、プロポーズの話になると嬉しそうで結婚した後もラブラブです。
ヘリコプタークルージング例:Yokohama Sky Cruise

浜辺

プロポーズ 浜辺
綺麗で開放的な海を前に、一目のつかない場所で二人きりの時間を作れるとよいですね。

プロポーズ 浜辺2
夕焼け時等景色がきれいな時間帯は更に特別感を演出できると思います。

思い出の場所

プロポーズ 場所
  • 告白した場所
  • 初デートの場所
  • 初キスの場所
  • 1周年の記念で訪れた場所

等二人の思い出の場所でプロポーズするのも一つです。
当時を思い出しながら、これから過ごす将来の二人の事を話すにはうってつけではないでしょうか。

まとめ

  • プロポーズした場所(された場所)は、自宅や車の中等が日常的な空間が約50%、レストランや夜景・景色のいい場所等の非日常的な空間が約50%と半々。彼女の性格や好みを踏まえて、まずは、自宅等でプロポーズするか、サプライズでレストラン等でプロポーズするかを考えてみてください。
  • 女性目線でも家派で等身大のプロポーズがいいという意見と、まさかのタイミングだからこそサプライズに感激できるサプライズ派に分かれている。
  • サプライズする場合の準備は入念にする必要があるのはもっともですが、自宅でプロポーズ場合でも、ストレートなセリフで告白する、花や手紙を用意してみる等、真剣さが伝わるように準備することが大切
  • いかがでしたでしょうか。どこでプロポーズするかの正解はありません。
    ぜひ自分達らしい場所でプロポーズされてください^^

    【もくじページ】
    プロポーズ準備から結婚までの流れ・やるべきことは?

    サプライズプロポーズ用リングを見に行ってみた

    最後までお読みいただき本当にありがとうございます。
    この記事がよかったら、是非「いいね!」か「シェア」をお願いします。

プロポーズ 場所

ABOUTこの記事をかいた人

旅行と写真とイルカが好き。カメラの腕を上げるために練習の日々。周りの人からはしっかりしているのか天然なのか分からないと言われる典型的なマイペースB型タイプ。 何事も下調べや準備をしっかりしてから臨みたい慎重派。ブライダルリング、結婚式なども人一倍たくさん調べたので、自分では2度と活かせないその経験をブログにしています。