【指輪選びの基礎知識!】婚約指輪・結婚指輪のデザインの種類を徹底解説

婚約指輪 ブリリアンスプラス

いざ結婚指輪婚約指輪を買おうと思った時に、デザイン重視で選ぶ方が最も多いそうです♪
一生身に着けるものですから、好きなデザイン&自分に似合うデザインを選びたいのは当然ですよね。でも実際見てみるとメレ、パヴェ、エタニティなど聞いたことないデザイン用語が満載で、何が何やら混乱してしまう方が続出しています!

この記事では、指輪選びの基礎知識である婚約指輪・結婚指輪のデザインの種類を徹底解説していきたいと思います!たくさんのジュエリーブランドを見て回った時に、実際に店員さんに教えてもらった「こんな手の人はこのデザインが似合う」という情報も挟みつつ、ご紹介してきます。

ちなみに婚約指輪を選ぶ時のポイントは、「ブランド」「デザイン」「ダイヤモンド」の3つのみです。自分たちはどれを1番重要視しているかまず考えてみると、見るべきブランドが分かってきます^^
●デザインにこだわりたい方におすすめのブランドは→こちら
●ダイヤモンドの美しさ・品質にこだわりたい方におすすめのブランドは→こちら
●アフターサービスにこだわりたい方におすすめのブランドは→こちら



婚約指輪のデザインの種類

ソリティアの爪あり

婚約指輪 ティファニー 婚約指輪 ティファニー

引用元:ティファニー

ソリティアとは「一粒ダイヤの指輪」のことです。そして、ダイヤモンドを留めている細い金属が「爪」です。
爪に持ち上げられて石の部分が高い状態になっているのが「ソリティアの爪あり」です。

「婚約指輪」と言われてみんながパッ思い浮かべる、もっともポピュラーなデザインです。
爪によってダイヤモンドを高く持ち上げることで上下左右、様々な角度から光が入り、より輝きが強くなります。ダイヤモンドの美しさ・輝きを最大限に楽しみたいなら、このデザインがやはり定番かと思います。

もっとも一般的なデザインは上記画像の6本の立て爪の婚約指輪で、これはティファニーが130年以上前に生み出したものです。ダイヤモンドを持ち上げるようにして6本の爪で支えた「ティファニー・セッティング」のリングは、究極の婚約指輪として変わらぬデザインで現在も愛されています。正当派の6本爪の他にも4本爪などあり、4本だと少しカジュアルで普段使いもしやすい雰囲気になります。

アーム部分や爪部分のデザインは各ブランドで趣向を凝らしていて種類も豊富です。メインのダイヤの存在感が際立つデザインなので、ダイヤにこだわりたい方、ダイヤの美しさ・輝きを楽しみたい方、ザ・婚約指輪に憧れている方におすすめのデザインです。注意点は、爪が高い分洋服に引っかかったり、どこかぶつけたりしやすいことです。特にニットなどの洋服やマフラーなどに引っかかりやすいので、普段使いには気を付ける必要があります。

ソリティアの爪なし

ソリティア 爪なし ソリティア 爪なし

引用元:トレセンテ

一粒石(ソリティア)を爪以外で留めたものが「ソリティアの爪なし」です。
爪がない分、当然「爪あり」の指輪よりも高さがないため、普段使っている時に服などに引っ掛けることやぶつけることが少ないのが最大のメリットです。デメリットは、「爪あり」よりも横や下からの光を取り込めないため、キラキラした輝きは弱めになる点でしょうか。

アームへ埋め込みのデザインだと、ダイヤが飛び出ておらず悪目立ちをしません。一粒ダイヤの婚約指輪に憧れているけれどシンプルなものが好きな方、あまり主張せず控えめなデザインが好きな方、せっかくの婚約指輪を特別な時だけでなく毎日着けたい方、子供が産まれても着けたい方などにぴったりです。

またダイヤモンドの大きさがそれほど目立たないことも、予算が気になる方には嬉しい点です。
ほかのファッションアクセサリーとも合わせやすいので、ダイヤモンドを目立たせ過ぎず今手持ちのお気に入りの指輪と一緒に気軽な形で毎日身につけたいと思っている方にもおすすめのデザインです。

メレ

婚約指輪 メレ 婚約指輪 メレ

引用元:ブリリアンス+

ダイヤモンドの脇にメレダイヤ(0.2カラット以下の小粒のダイヤモンド)を組み合わせたデザインが「メレ」です。
メインのダイヤが小振りでも、指輪全体で見るとボリュームが出てゴージャスに見えるのが特徴で、近年人気が出てきています。定番の一粒ダイヤだとシンプル過ぎる、もっと華やかな印象の婚約指輪がいい、という方に合います。

小粒のダイヤが横に並ぶさまは可愛らしく、若々しいデザインになります。指先に煌びやかな個性が出るので、婚約指輪ひとつでも存在感が出るところも人気の理由です。

メレダイヤ(脇石)の大きさや数、並び方などで印象がとても変わってくるので、自分の好みや手に合ったデザインを試着しながら選ぶのがおすすめです。お花が咲いているようにメレダイヤをあしらったり、通常のダイヤモンドとピンクダイヤなど色のあるものを並べてあったり、デザインは多数あります。
婚約指輪に可愛らしさ、華やかさを求めている人に特にオススメのデザインです。

【実際にジュエリーブランドで店員さんに聞いたお話】銀座ダイヤモンドシライシ
脇石は小さすぎてその1つ1つに鑑定をつけられない
脇石はカラーやクラリティ(透明度)がどのレベルのダイヤか分からない
そのため、メインの一粒を最上級ランクのダイヤを選びたい場合は、できれば脇石は無しにしないと品質の差が目に見えてしまう(メインは無色透明、脇石は白色、のように)

まったく知らなかったので勉強になりました。実際に選んだメインダイヤとメレダイヤを目で見て確認すると良いかと思います^^

パヴェ

婚約指輪 パヴェ 婚約指輪 パヴェ

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ

「パヴェ」とはフランス語で「石畳」の意味。石畳の敷石のように、指輪のアーム(地金)にぎっしりとメレダイヤを並べたデザインが「パヴェ」です。
中央に大きく石があり、その横にダイヤを敷き詰めた形のリングも人気ですが、パヴェのみの指輪もエレガントでありながら華やかで人気です。ゴージャスでありながら日常使いしやすく、どこまで石を敷き詰めるか、アームに斜めに敷き詰めるかなど、様々なデザインがあります。

ラグジュアリーなデザインなので細身のリングでも存在感があり、中石との組み合わせによって印象が異なります。メレダイヤの数を増やすことによって、より華やかな印象にも、減らすことで落ち着いた雰囲気にもなるので、年齢を問わず身につけられるのも嬉しい点です。パヴェはストーンが緻密に配置されているものほど高額になり、手間暇もかかるため熟練した職人の技が必要です。ダイヤを敷き詰める分金額を上がるので、予算と相談しながら好きなデザインを選んでください。

メインのダイヤとパヴェにより非常に華やかなデザインのため、ゴージャスで美しいダイヤの輝きを長年楽しみたい人にはピッタリのデザインです。

ミル打ち

婚約指輪 ミル打ち 結婚指輪 ミル打ち

引用元:トレセンテ

「ミル打ち」とはジュエリーの装飾加工の技法の一つで、 ジュエリーの縁やラインに小さな粒を連続して打ち込み、模様を作ったものが「ミル打ち」です。
「ミル打ち」はラテン語で 「ミルグレイン」と言い、これは「千の粒」という意味です。千はたくさんにつながり、それが永遠の幸せにつながると考えられ、婚約指輪や結婚指輪によく使われるようになりました。ダイヤモンドの台座にミル打ちを施すと、 ミル打ちの輝きでダイヤモンドが大きく見える効果があります。ミル打ちは アンティークジュエリーでよく見られる技法のため、クラシカルな印象を受ける方も多いデザインです。

縁に並んだ粒々が可愛らしい印象を与えるので、一粒ダイヤだけだとシンプル過ぎるという方、少し女性らしさや可愛らしさを加えたい方におすすめのデザインです。

色石リング

婚約指輪 ピンクダイヤ 婚約指輪 ピンクダイヤ

引用元:トレセンテ

ピンクダイヤなど色のついた石を使用したデザインが「色石リング」です。
ピンクやブルーなどファンシーカラーのダイヤをはじめ、天然の美しい色が魅力的な色石のリング。ダイヤ以外に、パールや誕生石を使用したデザインが人気です。メインの石の脇にカラーのメレダイヤを添えたデザインが主流です。

色石リングで圧倒的な1人気はピンクダイヤモンド。可愛いもの好き、プリンセス好き、ピンク好きな女性からの支持が厚いデザインです。ピンクダイヤには「永遠の愛」「完全無欠の愛」「両想い」などの意味があり、ブライダルリングにぴったりですよね。ちなみに、色が濃いほどお値段も上がります。

ただ、残念なことに今後ピンクダイヤを使用した婚約指輪はなくなってしまう可能性が高いです。理由は、今後採れなくなってしまうから。
天然のピンクダイヤが採掘できる場所はオーストラリアの「アーガイル鉱山」という場所のみ。しでも年々、ピンクダイヤの産出量が減っていてピンクダイヤが採れなくなっています。
いくら探してもピンクダイヤモンドが見つからず作業効率が悪いので、このアーガイル鉱山は閉鎖される予定。それに伴い、採掘作業も2020年をもって終了されることが決定しました。この場所でピンクダイヤモンドが新しく採れなくなってしまった後は、恐らくもう新しいピンクダイヤモンドは発掘されません。なぜなら、他の鉱山では今まで発見された歴史がなく、ピンクダイヤモンドは偶然の産物で、なぜピンク色に染まるのか、その理由も解明されていないからです。

ですので、今後は今あるピンクダイヤモンドしかこの世界に存在(流通)しません!これからますます希少性が高まって、お値段も上がっていくことが予想されていますので、ピンクダイヤを使用した指輪が欲しい方はお早めに!

結婚指輪のデザインの種類

ストレート

結婚指輪 ストレート 結婚指輪 ストレート

引用元:トレセンテ

指輪のアーム部分がまっすぐな最も基本的なデザインの指輪が「ストレート」です。
ストレートタイプは男性からのが人気の高いです。シンプルで飽きがこず、職場でも抵抗なく身につけられるのが人気の理由です。また、幅が細めのタイプから太めのタイプまで充実しているブランドが多いので、自分に合った指輪を選びやすく、どのような指の形でも似合うのが特徴です。太めだとファッション性が増し、細めだと女性らしいフェミニンな印象になります。婚約指輪との重ね付けをしたい方は、重ねてもゴツくならないよう細めがおすすめです。

シンプルな形のため、婚約指輪を含む手持との指輪など、様々な指輪と重ね付けしやすいのも魅力です。定番のデザインなので、彫りやモチーフなど様々なデザインが出揃っていて色々選べるのが嬉しいところです。また、サイズ直しなどのお直しがしやすいのも長年使うことを考えるとありがたいポイントです。

シンプルだからこそ、ラインに素材の良さ、フィット感の違いが出るので、じっくり指輪を見てピンとくるものを選びたいところです。もっとも飽きがこないデザインで、結婚指輪の原点とも言われているものです。ウェーブなど曲線的な指輪は女性らしさが生まれるので、直線的なストレートは男性の指にもっともつけやすく、夫婦で同じデザインの結婚指輪をつけたい方におすすめです。

【実際にジュエリーブランドで店員さんに聞いたお話】銀座ダイヤモンドシライシ
指輪の試着の際に、指輪をはめた瞬間にちょっと指輪が動いた(小指側が奥に入り、つけた時に斜めだった)のをまっすぐに直したら、「ちなみに今無意識にまっすぐに直されましたが、そうする方は、ウェーブよりストレートの形がお好きな方ですよ」と言われました!
無意識に指輪を触った私のちょっとしたクセや仕草も見逃さないでアドバイスしてくれて、プロの凄さを体感しました。

ウェーブ・S字型

結婚指輪 ウェーブ 結婚指輪 ウェーブ

引用元:ブリリアンス+

波打つような優美なラインが特徴的で、指輪のアームがS字を描いているデザインが「ウェーブ・S字型」です。
指の流れに沿って、柔らかな印象を与えます。男性はストレート、女性はウェーブ、とデザインを変えてペアリングにすることも一般的。浅いウェーブなら男性の指にも馴染みます。

指と指の間の水かきは小指側の方が奥まっているので、ゆるやかなウェーブを描く流線型のS字型は指の根元まで指輪が収まるので、より指が細く長く見えます。そのため「美指リング」と呼ばれ、関節やむくみが気になる方、指の太さや短さが気になる方でも、ほっそりと長い指に見える効果があります。左手の薬指に自然になじみ、優しげで柔らかな女性らしい印象になるのが特徴です。

つけた人の動きや角度で表情が変わるので、様々な印象が楽しめ、飽きが来ないところも人気の秘密です。S字のラインが急なものもあれば緩やかなものもあり、自分の手にぴったりくるデザインが選べます。アームが曲線なので指輪自体の輝きもより増し、指なじみもいいので指輪をつけることに慣れていない人にもピッタリです。

V字型(U字型)

結婚指輪 V字 結婚指輪 U字

引用元:トレセンテ

指輪のアームが手の甲に向かってアルファベットのV字を描くデザインが「V字型」で、それよりもう一段なだらかなラインが「U字型」です。

V字のVの下尖ったポイントに視線が集中し縦のラインを強調してくれるデザインなので、指が太くて短い男性でも綺麗に見えると人気です。V字と表現されていますが、実物はVよりもなだらかなラインなので、そこまで個性的に見えることはありません。スタイリッシュで大人っぽい印象を求めている方におすすめのデザインです。でもアームの太さや石の並べ方で可愛らしい印象にもなり、デザインを選ぶ楽しみが多い形です。

シンプルなストレートタイプよりも指先が女らしい印象になる嬉しい効果もあります。ラインが印象的なので婚約指輪や結婚指輪とセットでオーダーし、重ね付けをして楽しむ方も多いです。動きのあるデザインなので見る角度によって印象が変わって、長年飽きのこないデザインです。

そして、V字だとシャープ過ぎる、と思う方には最近ではU字型の指輪も出ていて、同じように指が綺麗に見える効果があります(上記画像の右側がU字)。ストレートとV字の中間のような繊細な曲線が魅力です。

【実際にジュエリーブランドで店員さんに聞いたお話】エクセルコダイヤモンド
日本人は指と指の間の水かきが深い人が多いのが特徴。全体の7割程度を占める。水かきがあると奥まで指輪が入らない為、ストレート型だと、第二関節と付け根の間位で指輪が止まってしまう為、指が短く見えてしまう。またストレートの指輪が斜めに見える
海外ブランドではほぼストレート型のみ、実際よりもさらに深い位置に見えるV字型とウェーブ型は、日本人の指にあわせた日本独特の形
日本人はS字やV字型が似合う手がほとんどの為、国内ブランドではこの2つのデザインが豊富になっている

実際に私達の指を見て頂いたら、私は水かきが浅く、彼は水かきが深いのことでした。私の指は日本人の中でも細めで水かきが浅い為、ストレートで華奢なタイプが似合うそう。ただ自分の好みのデザインを選べばいいと思っていたので、目から鱗!洋服などと一緒で、好きなものと似合うものは違ったりしますもんね。実際に指輪も試着するのって大事なんだな~と実感しました。

エタニティ・ハーフエタニティ

結婚指輪 ハーフエタニティ 結婚指輪 ハーフエタニティ

引用元:トレセンテ、アイプリモ

同じサイズとカットのダイヤがアーム全面に並べられたデザインが「エタニティ」です。
指輪の一周をぐるりとダイヤが敷き詰められた「フルエタニティ」と、外側半周分の「ハーフエタニティ」があります。途切れることなく並んでいるので「永遠の愛」を意味すると言われています。

ダイヤが多く入る分、価格は高めになるので、婚約指輪なしでエタニティーリングのみを買い、婚約指輪と結婚指輪の兼用として日常使いされている方もいらっしゃいます。指の内側までダイヤがあるのは不便、という方には外側のみのハーフエタニティが人気です。

シンプルにダイヤモンドを重ねたスタイルは、華やかでありながら日常生活の妨げにならず、大きな一粒ダイヤのソリティアよりも派手すぎず地味すぎないので長く使えると言われており、他のファッションジュエリーとも合わせやすいと評判です。指をぐるりとダイヤモンドが囲むので、石自体の質量が感じられ、デザインの華やかさがダイヤの輝きをより引き立てます。細やかなきらめきが指先の女性らしさを演出してくれ、指が綺麗に見えます。

ただし、石がぐるりと一周しているフルエタニティはサイズ直しなどのお直しができない場合もありますので、購入する際は店員さんに確認しましょう。

幅広

結婚指輪 幅広 結婚指輪 幅広

引用元:イズマリッジ、雅

通常のリングより幅が広く作られたデザインが「幅広」です。
存在感がある幅広デザインは、目立ちやすく、おしゃれな男性から好まれています。女性でも、華奢よりもボーイッシュなデザインを好む方からよく選ばれます。大ぶりのデザインのものやぽってりした形状のもの、存在感や重量感が欲しい方にはピッタリです。

画像のように、面積が大きいので文字や石を入れたり、彫りや模様に凝ってみたり、オリジナリティ溢れるデザインが豊富なのも人気の理由です。またチタンやジルコニウムなど新素材の指輪が多いのも特徴です。周りの人とかぶることが少なく、存在感あふれる指輪はそれだけでも注目されます。その分、普通の結婚指輪よりもカジュアル感があり目立つため、営業職などお客さんの目を気にする男性は避ける傾向にもあります。

指輪は手の大きさや指の長さだけでなく、全身のバランスとも合うかどうかが大事です。幅広の指輪だと背が高い方、体型にボリュームがある方でもバランスがうまくとれてすっきりと見えるそうです。逆に、細くて小さい手の女性には存在感が出過ぎて似合いにくいデザインですので、試着して確かめましょう。

指輪は手とのバランスだけではなく全身のバランスとも合うかどうかが大事。幅広の指輪だと背が高い方、体型にボリュームがある方でもバランスがうまくとれてすっきりと見えるそうです。

華奢

結婚指輪 華奢 結婚指輪 華奢

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ、ケイウノ

通常の指輪よりさらに指輪のアーム幅を細く作ったデザインが「華奢」です。
オシャレな人に人気な極細・繊細のリングは、華奢な雰囲気が女性らしさを感じさせてくれると人気です。いかにも結婚指輪という感じが薄れるので、シーンを選ばず、普段つけているジュエリーと同じ感覚で身につけられます。また、細い分主張しすぎないので他のファッションジュエリーとも合わせやすいです。

女性らしくディティールの細かいデザインのものが多いので、愛らしい印象になります。細身のため、シンプルなストレートラインのものが多いですが、その分1本でつけてもキュートな印象になります。つけている感覚も軽いので日常生活の邪魔もしません。デメリットとしては、細い分強度が落ちる点、小傷がついた時に地金を研磨して仕上げ直しをすると薄くなってしまう点でしょうか。

婚約指輪と重ね付けがしやすいのも特徴です。世界的に見ても日本人の指は外国人よりも3号くらい細い。ティファニーなどの海外ブランドは日本人の指には太めの為、婚約指輪と結婚指輪を重ね付けするとボリュームが出過ぎてしまうので、重ね付けしたいと思っている方は日本人に合った太さで指輪を作っている日本ブランドの方がおすすめです。

指輪を見に行くときは、来店予約しないと損!

いかがでしたでしょうか^^
ジュエリーブランドに試着しに行く前に、基本的な指輪デザインの違いが分かってもらえたら嬉しいです^^アレコレ悩めるのも一生に一度の楽しい時間ですよね♪ 
そして、いざジュエリーブランドに指輪を見に行くときには、来店予約してから行かないと損します!

ゼクシィの来店予約特典

【ゼクシィ】の現在のキャンペーンでは、来店予約&来店で6000円分の商品券がもらえます。



マイナビウエディングの来店予約特典

【マイナビウエディング】の現在のキャンペーンでは、来店予約&来店でもれなく全員に6000円分の電子マネーギフト券がもらえます。



上記のほか、各ブランドにより予約者特典もあります!
ふらっと立ち寄るのではなくゼクシィもしくはマイナビのサイトから事前予約して店舗へ行くことで、ギフト券ももらえるし、予約特典もつくし、順番待ち(人気店では2時間待ちもアリ)することもないし、良いことづくめです^^

あなたが運命の指輪に出会えることを願っています。

関連記事ページ

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。
この記事がよかったら、是非「いいね!」か「シェア」をお願いします。

婚約指輪 ブリリアンスプラス

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅行と写真とイルカが好き。カメラの腕を上げるために練習の日々。周りの人からはしっかりしているのか天然なのか分からないと言われる典型的なマイペースB型タイプ。 何事も下調べや準備をしっかりしてから臨みたい慎重派。ブライダルリング、結婚式なども人一倍たくさん調べたので、自分では2度と活かせないその経験をブログにしています。