マイナビウエディングでブライダルフェアを予約して商品券をゲットする方法

ブライダルフェア マイナビ

結婚が決まり、結婚式場探しをしているあなた!
せっかく式場見学やブライダルフェアに行くなら、絶対オトクになる方法で行きましょう^^

式場のHPから直接予約をせずにマイナビのキャンペーンに応募してから、マイナビでブライダルフェア予約をして行くと特典(商品券や割引)をゲットすることができるので、とってもおすすめです♪
そのキャンペーン応募方法について詳しくご紹介していきたいと思います☆

【関連記事】
ブライダルフェアに行く前に知っておきたいこと


マイナビウエディングのキャンペーン概要

現在のキャンペーンでは、見学数不問!【マイナビウエディング】からフェアや見学予約した会場に決定すると全員に8万円分の電子マネープレゼント!

キャンペーン期間


◇エントリー受付期間:2019年12月5日(木) まで
◇来店予約、来店、クチコミ投稿:2019年12月26日(木) まで

マイナビウエディングのキャンペーン詳細

専用応募フォームからエントリー後、【見学・ブライダルフェア】にマイナビウエディングのWEBサイトまたはマイナビウエディングサロンにてご予約を行い、当該予約に係る見学・ブライダルフェアにカップルおふたりでご参加いただきます。
その後、申込書控え送付フォームから、成約した式場で取得された申込書控えをご登録いただくとご応募完了となります。その後の審査にて基準を満たした方は、ギフト券をお受け取りいただけます。
条件クリアで全員に8万円分のお祝い金がもらえるキャンペーンはマイナビウエディングだけ♪

もらえる金額・商品

見学数不問!式場を決めると全員に8万円分の電子マネープレゼント!

さらに、同時開催中の『指輪探しキャンペーン』では、来店予約をしてから来店すると、全員もれなく電子マネーギフト券6,000円分プレゼント!更に指輪購入で8,000円~最大10万円分もらえるので、なんと最大18万円!これはブライダル業界最高額&過去最大キャンペーンです!今指輪探し&式場探しをされている方はとってもラッキーです!

マイナビウエディングのキャンペーン応募手順

式場見学の予約をする前に、まずゼクシィのキャンペーンに応募します。

スマートフォンの場合

  1. 下記のリンクを押してマイナビへ飛ぶ


  2. 赤枠のキャンペーンバナーを押す
    ブライダルフェア マイナビ
    ブライダルフェア マイナビ

  3. キャンペーンページのキャンペーン概要を読み、エントリーボタンを押す
    ブライダルフェア マイナビ
    ブライダルフェア マイナビ

  4. 必須項目を入力して、エントリーする
    ブライダルフェア

  5. 行ってみたい結婚式場を決め、ブライダルフェアを選ぶ
    結婚式場の中でも、何種類かブライダルフェアがあるので、日程や内容など、自分達の希望に合ったブライダルフェアを選んでください^^
    選んだら、ピンク色の「このフェアを予約する」をクリックする
    ブライダルフェア

  6. 必要事項を入力して予約する
    次のページの内容を確認して、必要事項を入力して送信する
    ブライダルフェア
    ブライダルフェア

    ※いくつかの式場を見学する場合は⑤と⑥を繰り返してください♪

  7. ブライダルフェアに2人で参加する
  8. ブライダルフェアでもらった見積書をメールして正式応募する
    行ったブライダルフェアでもらった見積書すべてを写真を撮り(スマホのカメラで撮っても可)、エントリー受付観光メール内に記載のフォームから添付をして、正式応募完了です♪

    パソコンの場合

    赤枠のキャンペーンバナーを押す
    ブライダルフェア マイナビ
    その後は上記スマートフォンと同様です^^


    結婚式は、1年前から予約が埋まっていくので、もし来年の今頃に結婚式を挙げたいと思っている方は、今のうちに見学に行って予約することがオススメです!
    素敵な結婚式を迎えられますように^^♪

    関連記事ページ

    最後までお読みいただき本当にありがとうございます。
    この記事がよかったら、是非「いいね!」か「シェア」をお願いします。
    キャンペーン更新:2019/9/27

ブライダルフェア マイナビ

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅行と写真とイルカが好き。カメラの腕を上げるために練習の日々。周りの人からはしっかりしているのか天然なのか分からないと言われる典型的なマイペースB型タイプ。 何事も下調べや準備をしっかりしてから臨みたい慎重派。ブライダルリング、結婚式なども人一倍たくさん調べたので、自分では2度と活かせないその経験をブログにしています。